2007年06月22日

私の巻きスカートは・・

 「巻きスカート」は、布の巻き終わりの処理が特徴的です。私は、エプロンなどの紐は「立て結び」ではなく、ちゃんと結ぶことができますので、結び目を表に出して着用しても、不自然ではありません。

一方、紐やリボンなど自分で結ぶものがついている洋服は、つい敬遠してしまいます。スカートだけでなく、セーラー服をイメージするようなデザインのブラウスも苦手です。着用するたびに紐やリボンを結ぶことが、面倒なのかもしれません。おそらくそれが本音だと思います。

私は、以前サマーセーターとお揃いになった巻きスカートを購入したことがあります。
私が購入した巻きスカートの構造は、平たい布に「腰巻」のような紐がついたタイプでしたが、ウエスト部分に紐が通るための穴があいていました。巻き終わった紐はその穴を通し、もう1本の紐と結び合わすのです。さらに「かぎホック」がついていてずり落ちるのを防止することができるという、念のいったつくりでした。

また、ずっと以前に、巻きスカートなのかどうか微妙なものを購入した経験があります。それは、スカートの上から下まで全部ファスナーがついているものでした。スカートの形は「タイトスカート」でしたが、ファスナーを下ろしてしまうと平べったい布になるので巻きスカートと変りません。しかし、長いファスナーはファッション的要素を狙っているものだと思いますので、おそらく巻きスカートではないのかもしれません。

最近、スカートの上から下まで等間隔にボタンがついているものを友人からいただきました。「飾りボタン」としてボタンをつけているものもありますが、そのスカートは布を縫い合わせる代わりにボタンが使用されていたのです。いま私の手元にある「巻きスカート」は、友人からいただいたそのスカートだけなのです。
posted by 巻きスカート at 10:58 | TrackBack(0) | 巻きスカート
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4620070

この記事へのトラックバック